ドクターズコスメ完全ガイド

あきらめないで!美肌へ導くドクターズコスメを徹底リサーチ

ドクターズコスメ完全ガイド » 知らなきゃソン!ドクターズコスメの基礎知識 » 【肌質別】コスメの選び方

【肌質別】コスメの選び方

ここでは、化粧水など、ドクターズコスメ選びの際にチェックしておきたい肌質別の基礎化粧品の選び方ポイントを紹介しています。

基礎化粧品を選ぶ前に、肌質を再確認しよう

あなたは、ご自分の肌質を本当に見極めていると思いますか?
基礎化粧品の選び方で重要なこといえば、まずは肌の本質を正しく把握しておくことです。
肌質は、年齢やストレスなどで変わるものです。「私の肌ってこんな感じ」と何十年も決めつけて、実は肌質に合っていない化粧品を選んでいたとしたら、残念ですね。

そこで、肌質を自分でチェックできる方法をレクチャーしたいと思います。

  1. 洗顔して、化粧水も何もつけずに、そのまま放置する(夏は10分、冬なら5分ぐらい)
  2. 肌の状態をチェック
  • 肌全体がつっぱる。部分的にカサつきもある→→→乾燥肌
  • 肌全体のつっぱり感はなく、Tゾーンにも皮脂が出てこない→→→普通肌
  • 肌全体はしっとり。Tゾーンの皮脂が気になる→→→脂性肌
  • 肌全体につっぱり感があるのに、Tゾーンは皮脂が気になる→→→混合肌

肌質でみる、化粧水選びのポイント

自分の肌タイプが分かったら、それに見合った基礎化粧品を選びましょう。

肌質別に、化粧水の選び方を簡単に解説しますね。

乾燥肌タイプ

乾燥が気になるカサカサ砂漠肌の場合は、とにかく水分を与えることばかりに目がいきがちです。
ここで大切なのは、保湿するだけでなく、補った水分が蒸発しないような、肌の土台を作ること。
つまり、角質細胞の間をつなぐ脂質を与えてあげることが重要なのです。その代表例としては、セラミドがあります。

脂性肌タイプ

皮脂テカが気になる脂性肌の人は、ゴシゴシ洗顔したり、あぶらとり紙で何度も油分を吸収したりしてしまいがち。
でも、肌本来の油分を失うほど行ってしまうと、肌が乾燥して、また過剰な皮脂が分泌されてしまうのです。
そのため、脂性肌の人でも、適度に保湿してあげることがとても大切です。
とくに皮脂が気になる部分は収れん効果のあるコスメを使い、それ以外の部分は油分が少ないタイプの乳液などで保湿してあげましょう。

混合肌タイプ

混合肌の人はとても多いと思います。そして、このタイプの人はどちらかというと皮脂が気になって、さっぱりタイプの化粧水を揃える傾向にあるようです。
理想は、かさつく部分とテカる部分で、化粧品を使い分けることです。

敏感肌タイプ

敏感肌の人は、マイルドな刺激のものを選ぶ必要がありますね。
そういった意味では、ドクターズコスメは低刺激で肌にやさしいものがたくさん開発されていて、手に取りやすいと思います。
敏感肌の場合、乾燥が進み、お肌のバリア機能がダウンしているケースが多いようです。
そこで、保湿ケアで水分をしっかり補って、ご自分の肌力をアップさせてあげましょう。