肌質で変わる!コスメの選び方

ここでは、化粧水など、ドクターズコスメ選びの際にチェックしておきたい肌質別の基礎化粧品の選び方ポイントを紹介します。

基礎化粧品を選ぶ前に、肌質を再確認しよう

あなたは、ご自分の肌質を本当に見極めていますか?基礎化粧品の選び方で重要なことといえば、まずは肌の本質を正しく把握しておくこと!肌質は小さい頃から歳を取るまでずっと変わらないものではなく、年齢やストレスなどでかなり変化するものです。

「私の肌ってこんな感じだよね」と決めつけて何十年も同じような化粧品を選んでいても、実は肌質に合っていなかったとしたら…。自分の肌にとって過酷な状況を作り上げてしまうこととなり、老化や肌トラブルを招いてしまう結果になります。そこで、自分の肌質を自らチェックできる方法を紹介します。

  1. 洗顔して、化粧水も何もつけずに、そのまま放置する(夏は10分、冬なら5分ぐらい)
  2. 肌の状態をチェック
  • 肌全体がつっぱる。部分的にカサつきもある→→→乾燥肌
  • 肌全体のつっぱり感はなく、Tゾーンにも皮脂が出てこない→→→普通肌
  • 肌全体はしっとり。Tゾーンの皮脂が気になる→→→脂性肌
  • 肌全体につっぱり感があるのに、Tゾーンは皮脂が気になる→→→混合肌

皮膚科医が監修・有効な成分を配合しているドクターズコスメをチェック

肌質でみる、化粧水選びのポイント

自分の肌タイプが分かったら、それに見合った基礎化粧品を選びましょう。肌質別に、化粧水の選び方を簡単に解説します。

乾燥肌タイプ

そもそも乾燥肌とは?

洗顔後に何もつけずに放置した結果、全体的につっぱり感が出た方や、部分的な乾燥を感じているのであれば、あなたの肌質は乾燥肌である可能性が高いです。

乾燥肌とは、肌細胞の水分量が全体的に不足している状態となります。水分が不足すると肌の柔軟性が弱まり、皮膚の表面が硬くなってしまい刺激を受けやすい状態になるため、かさつきや炎症などの肌トラブルも起こりやすいといえるでしょう。

乾燥肌になる原因

乾燥肌になる原因は様々で、年齢や性別、ライフスタイル、気候、間違ったスキンケアなども大きく関係しています。

中でも間違ったスキンケアを継続しているために自分で気づかないうちに乾燥肌の原因を作っている方も少なくありません。肌の表面を保護して水分を保つ役割を担っている皮脂を、洗顔やクレンジングで必要以上に落としてしまっている方が多いようです。洗浄成分が強いクレンジング剤は避け、ゴシゴシこすって洗顔しないように注意してくださいね。

他にはストレスや生活習慣の乱れ、日焼けなどが原因で肌の新陳代謝機能であるターンオーバーが乱れると肌の中に水分を抱え込む役割を持ったNMFという天然保湿因子が減ってしまい、乾燥肌になることもあります。

乾燥肌にオススメのスキンケア

水分が足りていない砂漠のような肌の場合、しっかり水分を補給しましょう。水分補給するといっても、ただ保水をしただけではどんどん蒸発してしまうため、肌の土台をしっかり整え、水分が長持ちするような状態を作ることが大切です。そのためには角質細胞の間をつないで水分や弾力を保つ役割を果たす脂質である「セラミド」なども取り入れてみるとよいですね。

乾燥肌にオススメのドクターズコスメ

乾燥肌の人にぜひチェックして欲しい成分があります。この成分を配合されているものをチョイスして、粉吹き肌とおさらばしましょう。ドクターズコスメを厳選して紹介しています。

乾燥肌におすすめのドクターズコスメをチェック

脂性肌タイプ

脂性肌とは?

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれ、必要以上に肌の皮脂量が多い肌質のことをいいます。

汗をかいたわけでもないのに常に肌がベタベタしている、皮脂量の多いTゾーンなどをさわると手に脂がつくような状態があれば脂性肌である可能性が高いです。なお、耳の中の耳垢が湿っている人も、脂性肌であることが多いそうですので、併せてチェックしてみてください。

皮脂は毛穴に詰まって炎症を起こすとニキビの大きな原因になるため、脂性肌になるとニキビや吹き出物に悩まされる方もいます。

脂性肌になる原因

元々の遺伝による原因以外に考えられる大きな原因としては、脂質の多い食生活や生活習慣に起因しているホルモンバランスの乱れではないでしょうか。

脂っこい食事が好きな方は必要以上に脂質を取りすぎており、それが原因で脂性肌になってしまうこともあります。お肉が好きな方はもちろん、お菓子に含まれるバターなどの脂質も取り過ぎないように注意してくださいね。他にはストレスや不眠、運動不足などが総合的に絡み合って肌のバランスを乱し、脂性肌に繋がることもあります。

脂性肌にオススメのスキンケア

皮脂量が多いと脂性肌になるのですが、だからといって洗顔をし過ぎるのもNGです。 ゴシゴシ肌をこすって過剰に洗顔すると、皮脂を落し過ぎて保護膜を失った肌から水分が蒸発してしまいます。肌は乾燥した状態になり、それを危険だと感じた肌が更に皮脂をたくさん分泌して保護しようとしてしまうのです。ですから、脂性肌の方にとっても、重要なのが保水と保湿だといえるでしょう。

保水と保湿がしっかりしていれば肌のバリア機能が高まるため、必要以上に皮脂が作られるようなことはありません。皮脂が多い部位には、肌(毛穴)を引き締める効果が期待できる収れん作用のあるコスメも取り入れてみてくださいね。

脂性肌にオススメのドクターズコスメ

脂性肌に悩んでいる方にぜひチェックして欲しいのがシロノクリニックの城野親徳院長が開発に携わったドクターズコスメであるドクターシーラボです。ドクターシーラボはオールインワンジェルで知られていますが、実は悩み別の商品開発にこだわっており、脂性肌対策に効果的な薬用アクネローションやアクネソープなどを幅広く取り扱っています。

また、ニキビで悩んでいる方におすすめのドクターズコスメについても厳選して紹介しています。ニキビ肌に効果的な成分を配合しているコスメを使い、美肌を手に入れましょう。

ニキビにおすすめのドクターズコスメをチェック

混合肌タイプ

混合肌とは

混合肌とは部分的に肌質が違う状態のことをいいます。
例えば、洗顔後、頬などには乾燥を感じるものの、皮脂の多いTゾーンなどはテカってしまう…というような、ちょっと厄介なケースです。

しかし、完全な乾燥肌や完全な脂性肌、といった方よりも、部分的には乾くけど皮脂が気になる部分もある……といったような、混合肌の人の方が非常に多いと言われています。実はほとんどの方は自身で気がついていないだけで、混合肌タイプなのかも? 自分の肌タイプをしっかりと見極めることが大切です。

混合肌になる原因

原因はいくつか挙げられますが、肌に何らかの負担がかかったことが理由で混合肌になるケースもあります。

例えば、エアコンの風にあたって部分的に肌が乾燥したり、紫外線の影響を受けた部分だけが乾燥したり、といった原因で混合肌になることもあるのです。

それだけでなく、食生活が乱れやストレスを強く感じている場合などにも、肌状態が不安定となり、混合肌を招くことがあります。「生活習慣が乱れているな……」と感じているのであれば、その点を改善することから始めてみましょう。

また、季節の変わり目には気温や湿度が変化しやすく、肌の水分量や皮脂の分泌量も変わりやすいので要注意。自分の肌をよく確認してみてくださいね。

混合肌にオススメのスキンケア

混合肌の方には特に多くみられる、スキンケアのミスがあります。

それは、自分の肌の中でもテカっている部分など皮脂の多さばかりに目がいってしまい、自分が混合肌であることに気がつかないこと。乾燥している部分があるのにも関わらず、保湿力の弱いさっぱりタイプのアイテムをそろえてしまう傾向にあります。

混合肌の方は、自分の肌の状態をよく確認し、乾燥している部分には保湿効果の高い化粧品を使い、皮脂の多い部分にはさっぱりタイプの化粧品を使うと効果的です。

混合肌にオススメのドクターズコスメ

混合肌に悩んでいる方にチェックして欲しいドクターズコスメは青山皮フ科クリニックの亀山孝一郎院長が開発に携わっているドクターケイです。ドクターケイでは肌に不足しがちな栄養素をしっかり届けられるアイテムが充実しています。化粧水には12種類ものビタミンが濃縮して配合されているので、肌の水分量をアップさせるのにも効果的です。それに加え、保湿効果の高いクリームなども組み合わせながらポイントごとの肌状態に合わせたケアができます。

敏感肌タイプ

敏感肌とは

敏感肌とは、一般的な方に比べると肌が刺激を受けやすい状態になっている人のことをいいます。

例えば、少し刺激の強い化粧水を使っただけで肌がピリピリ痛くなったり、赤くなってしまうような経験はないでしょうか。そのような経験がある場合は敏感肌の可能性があります。

敏感肌になる原因

敏感肌になる原因はまだよくわかっていませんが、可能性として精神的なストレスや食生活などが大きく関係しているのではないかといわれています。まずはストレスを取り除くことから考えてみましょう。肌タイプを診断した際に敏感肌だとわかった場合でも即効性のある対策はなかなか見つかりません。

肌のバリア機能が低下している時に敏感肌の状態が悪化することもあるため、まずは肌に優しいものを取り入れ、できるだけ刺激を与えないように心がけてみましょう。人によっては間違ったスキンケアが原因で肌のバリア機能が失われ、敏感肌になっているケースもあります。刺激の強い洗顔料やクレンジング剤を使っていたり、タオルで顔をゴシゴシ擦るようなスキンケアを行っている方は注意してくださいね。

敏感肌にオススメのスキンケア

敏感肌タイプの方はできるだけ刺激がマイルドなものを選択しましょう。肌が乾燥し、バリア機能がダウンしている方も多いので、丁寧な保湿ケアと水分補給を行いましょう。

敏感肌にオススメのドクターズコスメ

敏感肌の方にぜひチェックして欲しいのが、タナベ皮フ科クリニックの田辺和美院長が商品開発に携わっているフィルナチュラントです。フィルナチュラントでは様々な商品を提供しており、肌質に合わせて最適なものを選ぶことができます。その中でも敏感肌の方はマイルド製法で作られたセンシティブケアシリーズをチェックしてみましょう。肌への刺激が少ないので、敏感肌に悩む多くの方から選択されています。

皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集
皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集