ドクターズコスメとは?

ドクターが監修・開発しているスキンケアコスメ

ドクターズコスメとは、美容皮膚科・美容外科・形成外科などの医師が開発に携わったり、監修を行って作られた化粧品のことを言います。シミ・しわ・にきびなど、お肌の悩みに対して様々な美容治療を行ってきた経験をもとに、安全性が高く、より効果の高い成分を厳選して配合し、作られていることが特徴です。

皮膚科医が監修・有効な成分を配合しているドクターズコスメをチェック

ドクターズコスメを選ぶときはココに注意!

実は、ドクターズコスメという言葉には特に定義と言えるようなものはなく、医師が開発や監修として携わっていさえすればそう呼ばれてしまうのが現状です。そのため、商品によっては開発の中心はメーカー側で、医師はほんの少しチェックしただけというケースもあるようです。

どこのメーカーが作っているの?

ドクターズコスメに限った話ではありませんが、直接肌につけるものだからこそ、ご自分が使うコスメはどこのメーカーが作っているのか、ぜひチェックしてみましょう。

例えば、国内メーカーであるか海外メーカーであるかは意外に重要やチェックポイント。というのも、コスメに対する安全性の基準は国によってもまちまち。日本では認可されていない成分を、海外メーカーでは使っているというケースも少なくありません。

また、日本であれば化粧品は全成分をパッケージに表示しなければなりません。医薬部外品に分類されるコスメも有効成分の濃度など厳しいルールが国によって設けられ、一般の化粧品よりも一層厳しい審査基準の元製造・販売されています。

海外メーカーのコスメは基本的に厳しい規制の元で厚生労働省から日本の法律(薬事法)基準をクリアしている安全なもののみが流通していますが、中には個人輸入したものが転売されている可能性もあります。こうした個人輸入されたコスメは「個人使用目的」であると見なされ、薬事法の適用を受けません。

そのため、安全性という点では不安が残るのです。

また、海外と日本では、気候や人種などが異なるため、コスメの成分量も微妙に異なります。日本人の肌質に合っていない成分配合の場合もありますので、使用時には必ずパッチテストなどをして、ご自身の肌質に合っているかを確認してみましょう。

アトピーの方が使用する場合

ドクターズコスメは、医師や皮膚の専門家が監修しているコスメですが、だからと言って薬用であるとは限りません。また、中にはアトピー肌の方でも使えるように…というコンセプトで医師監修のもと開発されたドクターズコスメもあります。一方で、美白や美肌効果などを高める目的で医師が監修しているドクターズコスメもあるので注意が必要です。

敏感肌やアトピーの方の肌質を考えてつくられたドクターズコスメは、医師監修という安心感も確かにありますが、100%大丈夫とは言い切れない点も留意しておきましょう。

ドクターズコスメはコスメであって医薬品ではありません。アトピーを治癒する目的で使うなら、皮膚科医に相談し、薬や医薬品を処方してもらった方が近道なことも。

あくまでもドクターズコスメは治療目的に用いるものではなく、低刺激で、アトピー肌や敏感肌の方でも“比較的”安心して使えるコスメです。使う方の体質や肌質によって相性があることを頭に入れて、いろいろ試してみるといいでしょう。

どんな医師がどの程度監修しているのか

理想的なのは、クリニックに勤務している医師がたくさんの患者さんの皮膚治療を行う中で、それぞれの悩みに合わせて自ら成分を選んで開発した化粧品。

ドクターズコスメは「お医者さんの名前が出ているから何となく良さそう…」といった先入観だけで購入を決めずに、どんな医師がどの程度監修に関わっているか、よく吟味してから選んでみると良いですね。

トライアルセットでお試ししよう

また、ドクターズコスメといっても必ずしもすべての人に合うわけではありません。 特に化粧品が変わるとすぐに肌荒れしてしまう方などは、トライアルセットなどでまずは使用感や使用後の肌の様子を確認してから、購入するようにしましょう。

トライアルセットが充実しているドクターズコスメはこちら

ドクターズコスメのメリット&デメリット

ドクターズコスメを使うメリットとは?

敏感肌の方や乾燥肌の方は、刺激の強い化粧品を使うことができず、コスメ選びに苦戦することもありますよね。初めて使うスキンケアアイテムは、自分の肌に合うかどうかドキドキしながら試す、という方も多いのではないでしょうか。しかし、ドクターズコスメを取り入れる際の大きなメリットとして挙げられるのが、肌に対して低刺激なものが多いということがあげられます。

低刺激のアイテムが多く、何に効果的なのか明確!

刺激が弱いと肌への働きかけも小さいのでは?と思うかもしれませんが、ドクターズコスメは低刺激でありながら肌トラブルを改善させる働きが大きいとして注目されています。

また、なぜそのアイテムが肌の悩みの改善に効果的なのかを、明確に説明されているものがドクターズコスメの魅力のひとつ。 化粧品の中には確かに何となく肌に良さそうな感じはするものの、具体的にどのような働きによって美肌に導いてくれるのか、具体的に説明されていないものもありますよね。ドクターズコスメの場合は変化が期待できる根拠などについてもしっかりとした研究データ、エビデンスが揃っているケースが多いため、選ぶ私たち側から見ても分かりやすく、信頼できると言えるでしょう。

ドクターズコスメのデメリットとは?

肌への安全性においても効果に関しても、とても魅力的なドクターズコスメではありますが、唯一デメリットとして挙げられるのは、一般的な化粧品に比べると商品価格が高めに設定されているということ。

効果の高い成分を高濃度で配合しているアイテムが多いということと、医師が開発に携わっており、臨床データなども集める必要があるため、開発には長い時間とお金がかかるわけです。一般的な化粧品に比べると若干料金が高めになっていますが、ラインで揃えても1万円以内で揃うコスメもあります。

ドクターズコスメと一般の化粧品の違い

スキンケアに用いる化粧品といえば、一般的な「化粧品」と「薬用化粧品(医薬部外品)」に分類されます。

一般的な化粧品は、体を清潔にしたり肌を美しく見せたりするためのものであり、薬用化粧品はそれにプラスして特定の効果(シミ・にきび予防etc…)が期待できるもの、という大きな違いがあります。

では、「ドクターズコスメがどちらに該当するのか?」というと、それはメーカーやシリーズ、個々のアイテムによって違ってくるのです。一般的には「ドクターズコスメはお医者さんが作っているから、お肌にいい成分の含有量が普通より高いはず!」とイメージされがちです。しかし、これはあくまでも院内で処方される「薬」としてのクリームや化粧水などの話。

例えば、インターネットやドラッグストアで購入できるドクターズコスメは、一般の化粧品と同じ基準で作られなければならないので、有効成分の含有量が決められているのです。美容皮膚科の医師が監修したドクターズコスメと言えども、薬用と分類されるほどの有効成分が、きちんと含まれていない場合もあることを知っておいた方が良いでしょう。

「ドクターズコスメ」は一般的に医師や皮膚の専門家監修のコスメを指す言葉ですが、厳密にドクターコスメと称するための明確な定義が示されているわけではありません。

化粧品には,洗顔・化粧水など素肌をケアする「スキンケア」,ファンデーションや口紅,アイシャドーなど色や輝きにより美しく装う「メーキャップ」,紫外線を防止する「サンケア」などの分類があり,これらはいわゆる「分類学的なカテゴリー」である。本論文で扱う「グレード化されたカテゴリー」はこれらとは別の切り口で個々の典型性を軸にしたものである。 〜中略〜 2.「ドクターズコスメ」 皮膚科医など医師による処方開発や商品監修によるものである。典型的なブランドとしてはドクターシーラボが挙げられ,グレード化されたカテゴリーといえる。

出典:『化粧品市場における「新カテゴリーの創造」のための効果的アプローチ法「感性記憶型パッケージング」に関する考察』経営行動科学第 24 巻第 2 号,2011

そのため、「薬用化粧品」のカテゴリーに分類されるドクターズコスメもあれば、一般的な「化粧品」に分類されるドクターズコスメもありますので、注意が必要です。

薬用化粧品(医薬部外品)と一般の化粧品の違い

薬用化粧品または医薬部外品と表記されている化粧品と、一般的な化粧品との違いとして挙げられるのが、効果や効能についてはっきり表示できる点です。例えば、「肌の水分量をアップして美肌効果あり!」とか「毛穴を引き締めて美肌を作る!」などと表示されているものは薬用化粧品になります。

一般の化粧品は、「効果や効能」について記載できない

通常の化粧品のパッケージなどを見た際に「何となく美肌に効果がありそうな商品名だけれど、具体的にどう変化が期待できるのかわからない…」と感じたことはないでしょうか。実は、薬用化粧品と書かれていない一般の化粧品については、はっきりと効果や効能について記載することができないのです。

薬用化粧品・医薬部外品は「効果・効能」を記載できる

薬用化粧品や医薬部外品と表記されている化粧品であれば、どのような理由でどのような変化が得られるのか明記することができます。薬用化粧品を名乗るためには、厚生労働省から効果や効能について認められている特定の有効成分を、一定量以上配合しなければなりません。そのため、薬用ではない化粧品に比べると有効成分の配合量が多いため、肌への高い効果が実感できるでしょう。

薬用化粧品(医薬部外品)のデメリットとは?

薬用化粧品には一般的な化粧品に比べて強い成分を加えることが可能になります。しかしこれは、肌への作用も強くなることを意味していて、敏感肌や乾燥肌の方などは肌に合わなかったり、炎症などのトラブルが出てしまうこともあるのです。特に、間違った使い方をした場合などは大きな肌トラブルに繋がる危険性もあるため、信頼できる商品を選び、使い方をよく確認した上で取り入れましょう。

また、一般化粧品は全成分を容器などに表示するように薬事法で義務付けられているのに対し、薬用化粧品(医薬部外品)は省略が許されています。何か特定の成分に対して肌トラブルが起きる方にとってはここも注意が必要ですね。

ですから、薬用化粧品を購入する前に、ミニサイズの商品やトライアルセットを試して、自分の肌に合うかどうかを確認することが大切。ドクターズコスメはトライアルセットを用意しているメーカーが多いので、ぜひ取り入れてみましょう。

トライアルセットが充実しているドクターズコスメはこちら

皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集