ドクターズコスメ完全ガイド

あきらめないで!美肌へ導くドクターズコスメを徹底リサーチ

ドクターズコスメ完全ガイド » 知らなきゃソン!ドクターズコスメの基礎知識 » ドクターズコスメとは?

ドクターズコスメとは?

ドクターズコスメとはどんなのなかについてまとめたページです。

ドクターズコスメと一般の化粧品の違い

ドクターズコスメとは、皮膚科・美容外科・形成外科などの医師が開発に携わった化粧品のことです。

シミ・しわ・にきびなど、肌の悩みに対して様々な治療を行ってきた経験をもとに、安全性が高く、より効果の高い成分を厳選して作られていることが特徴です。

化粧品といえば、「化粧品」と「薬用化粧品(医薬部外品)」に分類されます。

化粧品は、体を清潔にしたり美化したりするためのもの、薬用化粧品はそれにプラスして、特定の効果(シミ・にきび予防etc…)が期待できるものという違いがあります。
では、ドクターズコスメがどちらに該当するか?というと、それは商品によって違うのです。

ドクターズコスメの中にも、薬用に匹敵する有効成分が含まれていない場合もあります。

よく「ドクターズコスメはお医者さんが作っていて、お肌にいい成分の含有量が普通より高いもの」とイメージされがちです。
でも、これはあくまでも、院内処方の「薬」としてクリームなどが処方された場合の話。

インターネットやドラッグストアで購入できるドクターズコスメは、一般の化粧品と同じ基準で、有効成分の含有量が決められています。

本物の「ドクターズコスメ」がおすすめ

ドクターズコスメに興味をお持ちなら、ぜひ、本当の意味のドクターズコスメを選ぶのがよいと思います。

最初に説明したように、ドクターズコスメという言葉に定義はなく、医師が携わっていさえすればそう呼ばれるのが現状です。
そのため、商品によっては、開発の中心はメーカー側で医師はほんの少しだけチェックしただけ、というケースもあるのです。

理想は、クリニックに勤務している医師が、患者さんとの関わり合いの中から、自ら成分を選んで開発した化粧品だと思います。

「何となく良さそう…」といった先入観で決めずに、どんな医師がどの程度監修に関わっているか、よ〜く吟味してから選んでみて下さいね。

ドクターズコスメのメリット

ドクターズコスメを取り入れる際の大きなメリットとして挙げられるのが、肌に対して低刺激なものが多いということです。敏感肌の方や乾燥肌の方は刺激の強いコスメを使うことができず、コスメ選びに苦戦することもありますよね。

しかし、ドクターズコスメの多くは低刺激の商品となっているため、敏感肌の方でも選びやすいのが魅力です。刺激が弱いと肌への働きかけも小さいのでは?と思うかもしれませんが、ドクターズコスメは低刺激でありながら肌トラブルを改善させる働きが大きいとして注目されています。

また、なぜその商品が効果的なのか明確に説明されているものがほとんどです。 化粧品の中には確かに何となく肌に良さそうな感じはするものの、具体的にどのような働きによって美肌に導いてくれるのか説明されていないものもありますよね。

ドクターズコスメの場合は変化が期待できる根拠などについてもしっかりとした研究データが出揃っている場合が多いため、信頼できるでしょう。

ドクターズコスメのデメリット

とても魅力的なドクターズコスメではありますが、デメリットとして挙げられるのが一般的な化粧品に比べると料金が高いということ。医師が開発に携わっており、臨床データなども集める必要があるため開発には長い時間とお金がかかります。

これにより、一般的な商品よりも若干料金が高めになっているので、「とにかく安い化粧品を使いたい」と思っている方には向いていません。

また、注意しなければならないのがドクターズコスメとして販売されているものの、実は医師が開発に携わっていない詐欺まがいの商品も登場しているということです。

商品を購入する際にはその商品のホームページなどもよく確認し、本当に信頼できる商品なのか確かめた上で購入しましょう。

また、ドクターズコスメといっても必ずしもすべての人に合うわけではありません。 特に化粧品が変わるとすぐに肌荒れしてしまう方などはパッチテストなどをしてから取り入れるようにしましょう。

薬用化粧品(医薬部外品)のメリット

一般的な化粧品との違いとして挙げられるのが、効果や効能についてはっきり表示できる点です。

例えば、「肌の水分量をアップして美肌効果あり!」とか「毛穴を引き締めて美肌を作る!」などと表示されているものは薬用化粧品になります。

実は、薬用化粧品以外の化粧品についてははっきりと効果や効能について記載することができないのです。通常の化粧品のパッケージなどを見た際に「何となく美肌に効果がありそうな商品名だけれど、具体的にどう変化が期待できるのかわからない…」と感じたことはないでしょうか。

ですが、薬用化粧品であればどのような理由でどのような変化が得られるのか期待できます。

また、薬用化粧品を名乗るためには国から効果や効能について認められている有効成分が一定量入っていなければなりません。そのため、薬用ではない化粧品に比べると大きな変化が実感できるでしょう。

薬用化粧品(医薬部外品)のデメリット

ご紹介したように、一般的な化粧品に比べると強い成分を加えることができます。

しかし、これは肌への働きも強いということなので、人によっては肌に合わなかったり、肌トラブルが出てしまうこともあるのです。

特に間違った使い方をした場合などは大きな肌トラブルに繋がる危険性もあるため、信頼できる商品を選び、使い方をよく確認した上で取り入れましょう。

また、一般化粧品は全成分を容器などに表示するように薬事法で義務付けられているのに対し、薬用化粧品(医薬部外品)は省略が許されています。何か特定の成分に対して肌トラブルが起きる方にとってはここも注意が必要ですね。