日焼け止め

太陽の紫外線はお肌へ悪影響を与えると分かっていても、「日焼け止めをぬっておけば大丈夫」と安心していませんか?日焼け止めには、SPFPAなどの数値が表記されていて、肌への紫外線の害を防ぐ効果に違いがあります。ここでは、使い分けできるおすすめの日焼け止めを紹介します。

そもそも日焼け止めのSPFとは?

日焼け止めのパッケージでよく目にするSPFという数値は、サンプロテクションファクターの略で、主に紫外線B波を防ぐ効果を表しています。紫外線B波は肌表面の炎症や色素沈着の原因となる紫外線で、主にシミそばかすや日焼けを起こします。SPFは、この紫外線B波による炎症をどれだけ遅らせることができるか、を表す数値。

例えば、SPF50の日焼け止めをぬると、何もぬらなかった状態と比べて日焼けまでにかかる時間を50倍延ばすことができる、ということを意味しています。数字が高ければよいというものでもなく、日常使いならSPF20程度で充分、ノンケミカルでお肌に優しいクリームタイプや乳液タイプのものを選びましょう。スポーツやレジャーの時に使うならSPF50程度のものを選ぶとよいでしょう。

PA++とは?

PA++といった表記は、紫外線A波を防御する効果を示しています。+の数が多いほど、A波をブロックする効果が高いということになります。紫外線A波は肌表面で炎症を起こすことはありませんが、肌の奥にダメージを与えて、シワやたるみの原因となる紫外線です。

日焼け止めは使用するシーンによって使い分けてあげるとよりお肌への負担が少なくてすみます。

日常使いなら…美彩甦「ビサイソUVジェル」

京都で人気の高い美容皮膚科・岡田佳子クリニックの院長が手掛けるコスメライン、美彩甦の日焼け止め。ジェルタイプでスルッとなじみ、肌への負担が少ないのが特徴です。化粧下地として使うと、肌色をコントロールしてキレイに見せてくれる効果も。美白や保湿など美肌効果のある植物エキスやコラーゲンも配合されています。

  • 価格…30g 2,700円(税込)
  • 配合成分の特徴…美白効果や抗酸化作用のあるメマツヨイグサ種子エキス、メラニンを抑制してシミそばかすを防ぐ効果のあるマグワ根皮エキスなどを配合。水溶性コラーゲンや、ヒアルロン酸ナトリウムで保湿効果も期待できます。

「ビサイソUVジェル」愛用者の口コミ

  • 肌色でモコモコの生クリームのようなテクスチャー。良く伸びて少ない量でもしっかりぬることができます。ベタついたり白浮きしたりしないし、肌に負担にならないので使いやすいです。
  • ジェルと言うよりは水のような軽い使用感です。肌をきれいにカバーしてくれるので、CCクリームのように使っています。

スポーツ・レジャー用なら…ジュランツ「サンプロテクトUV50

ジュランツは、高須クリニック栄院の院長を務める高須英津子医師が開発しているコスメシリーズです。サンプロテクトUV50はその名の通り、SPF50PA++++という最強の紫外線防止効果と、肌への優しさを両立した日焼け止めです。

  • 価格…30ml 3,780円(税込)
  • 配合成分の特徴…肌細胞を活性化させる成長因子、EGFFGFIGFを配合しているので、美肌効果も期待できます。

「サンプロテクトUV50」愛用者の口コミ

  • レーザー治療の後でもオススメとのことなので、安心して使っています。多少白浮きはしますが、時間がたつとなじみます。
  • つけた瞬間の肌触りやつけ心地が気に入っています。べたべたしないので、趣味に集中できます。
  • ノンケミカルで日焼け止め特有の臭いがないのがいいです。普通のクレンジングで落ちるので使いやすいです。

ドクターズコスメの日焼け止めの特徴

ドクターズコスメラインでも、UVケアアイテムをラインナップしているものが多く、紫外線予防はスキンケアの命題となっています。ドクターズコスメの日焼け止めは、紫外線から肌を守る成分や肌に密着するための成分のほか、肌を保湿したり美肌成分が含まれているものもあります。肌への刺激が少なく、安心して使えるものがほとんどですが、選ぶ際はSPFPAの数値と、配合されている成分に注目してみましょう。

日焼け止めを選ぶときの注意ポイント

日常の買い物程度の外出なら、SPFが低めでもノンケミカルで肌への負担が少ないものをチョイスすべき。乳液タイプのさらっとした使用感のものがおすすめです。海水浴やアウトドアなど、長時間の外出にはやはりSPF50およびPA++++の最高ランクで、しっかり紫外線を防げる日焼け止めを選びましょう。

皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集