台湾のドクターズコスメ編

台湾のドクターズコスメ最新事情

日本だけではなく、アジア各国でも美容医療に関する技術が進んでいます。日本人の旅行先として評判の台湾では、ドクターズコスメの人気が高まっています。
台湾は基本的に日本文化が大好きな国ですから、ファッションや美容に関して日本を追随している部分が大きいのですが、コスメに関しては日本ブランドよりもドメスティックブランドの方が人気が高いそうです。

プチプラなのに有効成分を配合

デパートの化粧品売り場やドラッグストアへ行くと、日本のドクターズコスメも販売されていますが、現地のブランドと比べると価格が高いこともあり、それほど支持されていません。
それどころか、台湾のドクターズコスメは配合されている美容成分の濃度も高く、美肌効果が高いアイテムが多い上に価格が安め。台湾で人気の成分を配合していたり、独自の進化を遂げています。

台湾を代表するドクターズコスメ『DR.WU』

DR.WUHP

引用元:DR.WU HP(https://www.drwu.com/)

台湾で最も人気が高いと言われているドクターズコスメは、台湾で40年以上の治療経験を持つ皮膚科医である呉英俊教授が手掛けた『DR.WU(ドクター・ウー)』というブランドです。

DR.WUは、台湾で広く展開しているドラッグストア、ワトソンズやコスメズの店舗でも販売していますし、デパートの化粧品売り場でもコーナー展開している実力派。効果の高い美容成分を選んで配合されているのにリーズナブルということもあって、日本人観光客の間でもお土産として人気です。

DR.WUでおすすめのアイテム

杏仁酸亮白煥膚精華 18% 30ML  2,100元(日本円で約6,300円)
台湾で人気の杏仁酸(マンデル酸)という成分を18%の濃度で配合した美容液。日本ではあまり目にしないマンデル酸という成分ですが、別名アーモンド酸とも呼ばれ、古い角質を除去するピーリング効果や、毛穴の黒ずみなどを除去する効果が期待できるそう。

日本でよく使われているピーリング成分のAHAよりも刺激が少なく肌へのダメージを抑えながらピーリングできるようです。

皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集