「ニキビ・肌荒れ」ケア用

ドクターズコスメ

ニキビに対して有効な成分が配合されているドクターズコスメを紹介します。大人ニキビなどのトラブルでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

ニキビ肌に効果的なドクターズコスメ一覧表

敏感なニキビ肌にも使えて高い効果が期待できるドクターズコスメをご紹介いたします。トライアルが用意されているアイテムもあるので、まずは気軽に申し込んでみてくださいね。

名称 京佳人 midorinomori ドクターライン
特徴 ニキビ肌、乾燥肌、混合肌にも効果的なコスメブランド。美容成分、肌の優しさなども兼ね備えています。 スタッフが実際にモニターとして使用。基準をクリアしたものだけを販売しています。オールインワンゲルが人気。 AHAによるピーリング効果、ビタミンC誘導体による美白効果、自活型天然酵母による保湿効果など、話題の美容成分をまとめて実感することができます。ニキビ肌にはとくにAHAローションnがおすすめ。
トライアル価格 230円~800円 540円 324円

ニキビ肌を解消したい時に選びたいコスメは?

保湿効果が高いヒアルロン酸が配合されたコスメを選ぶ

ニキビや脂性肌で悩んでいる方は、過剰に分泌される皮脂を取り除くケアに終始しがちなんじゃが、ニキビ肌の人こそ、保湿や保水ケアを心がけるべきじゃ。クレンジングや洗顔を入念にして皮脂を取り除くと、皮膚を保護するために必要な皮脂までを取り去ってしまい、お肌のバリア機能が低下…。

肌は自らを守るために、また過剰な皮脂分泌を繰り返し、いつまでもニキビ肌が改善しないという負のスパイラルに陥るんじゃ。皮脂が目立つ人ほど、洗い過ぎない適度な洗顔と保湿効果が高い成分(ヒアルロン酸やセラミド)を配合しているコスメを使うとグッッド!

肌をしっかりと潤うことが、皮脂を過剰分泌させないための第一歩じゃよ。

実際に、お肌の乾燥に対してヒアルロン酸がどの程度皮膚の保湿効果があるかを調べた実験では、皮膚から水分を失うのを、ヒアルロン酸が防いでくれていることもこれまでの研究で明らかになっています。

皮膚刺激性評価を行い低刺激性であることを認めた保湿製剤, すなわち20%尿素製剤 (医薬外用剤) と0.05%ピアルロン酸・グリセリン製剤 (化粧品) を当科における乾燥性皮膚症患者9例を対象に外用させ, 皮膚保湿効果について比較検討を行った。保湿効果は皮膚電気伝導度, 皮膚電気容量, 経皮水分喪失量の各測定結果と皮膚表面形態により評価した。その結果, 両製剤ともに塗布中は塗布前に比べて統計的に有意に優れた保湿効果を示し, 経皮水分喪失抑制能も同時に持ち合わせていることがわかった。

出典:『乾燥性皮膚症における保湿製剤の効果』皮膚,28(5)1986 [PDF]

お肌の保湿は、皮脂の分泌を抑えるだけでなく、健康的な皮膚環境を保つためにも大切なことと古くから認識されてきました。保湿のための成分としてのヒアルロン酸は、保湿スキンケアの世界では比較的早い段階から注目されていました。

最近では、化粧品メーカー大手の資生堂が、表皮幹細胞と呼ばれる表皮にある細胞がヒアルロン酸を生み出し、表皮に止める能力を持っていることを明らかにしました[1]。今後は、ただ単にヒアルロン酸を補給するだけでなく、ヒアルロン酸を生み出す肌の機能を高める美容成分・技術に注目が集まることでしょう。

[1]

出典: 株式会社資生堂 ニュースリリース 2015年7月「資生堂、世界初・表皮幹細胞が肌のうるおいを左右することを発見」

セラミド配合のコスメで乾燥から肌を守る

ニキビの原因でもある皮脂の過剰分泌を防ぐには、乾燥からお肌を守ることが大切です。

肌の保湿成分には、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などがあります。セラミドは、表皮由来の保湿成分で、角質層にある成分。

角質細胞と角質細胞の間に脂質とともに存在しています。

皮脂は膜状に皮表を覆い,皮膚に侵入する細菌や真菌の感染防御に働く。たとえば,皮膚常在細菌叢の Propionibacteriumacnes は皮脂の TG を水解して FA を増加させ,皮表 pH を下げ,いわゆる酸外套(acid mantle)を作ってほかの病原性微生物の阻止に働いていると見られる。ただし,皮脂は極性が低く,皮膚の水分バリアー機能に働く表皮由来のセラミドと Ch からなる角質細胞間脂質の多層構造には参加できず,皮表を覆うだけと考えられる。むろん,皮脂が多ければ脂漏となり,皮脂の少ない小児は乾燥肌であり,水分バリアーとしては機能しなくても,角層水分を保つ作用はあるかもしれない。

出典:(PDF)『脂腺の構造と機能』日本香粧品学会誌,40(2)2016 [PDF]

ニキビがある方は、セラミドの減少やお肌の保水力が低下しがちといわれています。

そのため、ニキビ予防やニキビケアにはセラミド配合の保湿コスメを使って、不足しがちなセラミドを補給してあげることが大切なのです。

痤瘡患者では,健常人と比較して,セラミド量の減少や経表皮水分蒸散量の増加,保水量の減少が見られる41)。
このことから皮膚のバリア障害によって毛漏斗の角化異常を介して面皰が形成されるという説がある。

出典:(PDF)『ニキビの発症メカニズム,治療,予防』日本香粧品学会誌,40(1)2016 [PDF]

肌のセラミドが減少し、乾燥肌になると外からの刺激や細菌などから肌を守る機能が低下します。

これを過角化といい、角質層が硬くなり、肌のターンオーバー機能も低下してしまいます。

セラミドには、いろいろな種類がありますが、お肌のバリア機能を高めるためにはセラミド1もしくはセラミド2と呼ばれるものが有効です。

保湿系のコスメを選ぶ際には、セラミド1やセラミド2が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

ビタミンC誘導体配合のコスメでニキビ対策をする

体内で生成されないビタミンは、食事やサプリメント、コスメなどから補給する必要がある栄養素です。

ビタミンCには、肌の酸化を防ぎ、メラニンの生成を抑制したり、シミやシワと戦う作用がありますが、実なニキビにも大切な役割を果たしているとご存知ですか?

ビタミンCにはコラーゲンの合成を促進する作用があり、保湿力が低下して、ニキビができやすくなったお肌にはとても嬉しい成分なのです。

紫外線を浴びると皮膚中のビタミンCが急減し,脂質ヒドロペルオキシドが急増し、ビタミンEも減少します。〜中略〜ビタミンCはメラニン産生抑制,コラーゲン合成促進・分解抑制と,皮膚の深部である表皮や真皮でシミやシワと戦っています。

出典:(PDF)『ストップザ肌の老化』日本未病システム学会雑誌,12(1)2006 [PDF]

ところが、ビタミンCは、そのままだと成分が壊れてしまい、肌につけてもあまり効果が出にくいという特徴を持っています。

そこで考え出されたのが、ビタミンCをお肌に浸透しやすく改良・安定化させたビタミンC誘導体です。

化粧品に使われているビタミンC誘導体はとても種類が多く、ケミカルピーリングやイオン導入などエステケアでも使われるようになっています。

新規ビタミン C 誘導体は両親媒性 で毛包内に到達しやすく,抗酸化作用,メラニン産生抑制, 線維芽細胞賦活作用などが発揮されると考えられる.

出典:(PDF)『スポンサードセミナー』日本皮膚科学会雑誌,126(5)2016 [PDF]

例えば美容クリームに配合されているビタミンC誘導体は、油溶性のビタミンC誘導体。化粧水に配合されているのは、水になじみやすい水溶性ビタミンC誘導体が多くなっています。

中には、より肌への浸透しやすさを高めるために、分子を小さくしてコラーゲン生成に働きかけるビタミンC誘導体も開発されています。

ビタミン C は水溶性で皮膚からの吸収は十分とは言えないことから,安定かつ吸収性に優れ,体内でビタミン C に変換され,一定時間体内貯留可能なビタミン C 誘導体の開発が望まれている.現在市場にはビタミン C の分子構造に脂溶性基を導入した親油性ビタミン C 誘導体を配合した商品がすでに存在する.これら誘導体は,活性酸素(フリーラジカル)捕捉作用を有するものの安定性,安全性が十分では無く,また生体内(皮内を含む)でビタミン C に変換される量がごく僅かなため,コラーゲン合成促進や免疫活性化作用など,本来ビタミン C が有している重要な生理活性を示すものではない. 〜中略〜 6-アシル- AA -2G は体内で活性型のビタミン C に変換されることが保証された世界で最初の親油性ビタミン誘導体である.特に皮膚に塗布した場合,上皮,内皮,真皮層でのフリーラジカル・活性酸素捕捉,メラニン合成抑制およびコラーゲン蛋白生成促進作用を介して,美白効果のみならず,しみ,そばかす,しわ形成抑制などの効果が期待され,「皮膚に塗布して美肌効果に有効な化粧品成分」として早期に開発が望まれている

出典:(PDF)『安定・持続型ビタミンCの発明から大学発ベンチャーの立ち上げと保健機能性食品の誕生までの道程』日本薬理学雑誌,132(3)2008 [PDF]

イソフラボン配合のコスメでニキビ対策をする

大人ニキビの原因としてあげられるのが、男性ホルモンの分泌による皮脂の過剰分泌です。
女性でも、ホルモンバランスの乱れにより男性ホルモンが過剰になり、皮脂が多くなってしまうことがあるのです。

ニキビ発症の原因の一つとして,複数のホルモンによる皮脂腺の機能亢進があげられる。その機能亢進に最も大きく関与するホルモンが男性ホルモン(アンドロゲン)である。

出典:(PDF) 『甘草フラボノイド画分の新たな皮膚科学的有用性』日本化粧品技術者会誌,37(3)2003 [PDF]

ホルモンバランスが乱れて、男性ホルモンが過剰になってしまえば、皮脂の分泌量が増加し、毛穴がつまり、結果的にニキビができやすくなってしまいます。

そこで、活用したいのが女性ホルモンの一つ、エストロゲンに似た形をしているイソフラボンです。
大豆イソフラボンが代謝され、生成されるエクオールと呼ばれる成分は、女性ホルモンエストロゲンと同じような働きをすることがわかっています。

エクオールの主な作用については,エストロゲン様 / 抗エストロゲン作用(パーシャルアゴニスト様作用),抗アンドロゲン作用,抗酸化作用が認められており,特にエストロゲン様活性については,受容体結合能やレポータージーンアッセイ(遺伝子発現における転写活性)などにより,大豆イソフラボンよりも強いことが報告されている

出典:(PDF) 『大豆由来の新規成分 “エクオール” の最新知見』日本食品科学工学会誌,62(7)2015 [PDF]

また、最近の研究では、大豆イソフラボンがアレルギー性皮膚炎を抑制する可能性も動物実験によって明らかになりつつあります。

接触過敏症(CHS)動物実験系は,ヒトでのアレルギー性接触皮膚炎のよいモデル動物実験系である。前回,私たちはCHS動物実験系を用いて,大豆のCHS抑制効果を報告した。今回,大豆イソフラボン(SI)のCHS抑制効果について報告する。

出典:(PDF) 『大豆イソフラボンの接触過敏症抑制効果』一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集,2016 [PDF]

このように、イソフラボンにはホルモンバランスを整え、健やかな肌を保つことができる成分なのです。

ビタミンB配合のコスメでニキビ対策をする

よくニキビができると、ビタミンBサプリメントを飲むといい、と言われます。
これは、ビタミンB(特にビタミンB2)が、皮脂の分泌を適正にコントロールする働きがあるためです。また、ビタミンB6には、肌の表皮と呼ばれる部分の機能を改善する作用があることが知られています。

ビタミンB6(VB6)は、表皮機能の改善効果が知られており,古くから化粧品などに配合されているが,作用機序に関する報告は少ない.我々はVB6の表皮に対する作用、特に分化に対する作用を明らかにすることを目的として実験を行った。 〜中略〜 VB6は分子マーカーのうち,特にProfilaggrin発現量を有意に増加させた。また、Filaggrinタンパク質も濃度依存的に増加させた

出典:(PDF) 『2-III-34 ビタミンB_6とその誘導体の表皮に対する作用(一般研究発表,新世紀ビタミン学の展望と先進的展開を目指して,日本ビタミン学会第60回大会発表要旨)』ビタミン,82(4)2008 [PDF]

このようにビタミンB群は、お肌の皮脂量をコントロールし、保湿する上で欠かせない栄養素です。

化粧品の有効成分としてはパントテン酸と表記されることもあるビタミンB。
パントテン酸などのビタミンB群は、セラミドや脂肪酸など外部の刺激からお肌を守る成分を増強させる作用も持っています。そのため、ニキビ予防には欠かせない成分として古くから基礎化粧品に用いられてきました。
ニキビケア化粧品からだけでなく、サプリメントや食事などで体内からもビタミンBを補給して、ニキビ対策を始めてみてはいかがでしょうか。

ビタミンE配合のコスメでニキビ対策をする

化粧品ではトコフェロール、α-トコフェロール、ビタミンE誘導体と称されるビタミンE。
脂溶性で抗酸化作用のある成分として、お肌の血行促進・肌荒れ改善などを目的に多くの基礎化粧品に配合されています。

ビタミンEの主な薬理作用は毛細血管拡張作用,末梢循環促進作用,抗酸化作用であり,その他性腺機能の正常化,副腎機能の賦活化などのホルモン様作用を有すると報告されている。

出典:(PDF) 『皮膚疾患におけるビタミンEとB2の配合剤および単味剤の臨床効果の検討』皮膚,31(6)1989 [PDF]

実際、ビタミンEが肌に及ぼす影響を調べた実験では、ビタミンBと併せて使うことで、肌の乾燥性湿疹に効果を示したことが報告されています。

酢酸d-α-トコフェロール100mgとビタミンB2酪酸エステル20mgの配合剤 (EとB2), E単味剤 (E), B2単味剤 (B2) の皮膚疾患における臨床効果を検討した。アトピー性皮膚炎, 乾燥性湿疹を対象とした試験では有用以上の割合はEとB2がEに比して高かったが統計学的な有意差を認めなかった。乾燥性湿疹ではEとB2はEに比して有意 (P<0.05) に優れた効果を示し, 優れた有用性を示す傾向 (P<0.1) が認められた。

出典:(PDF) 『皮膚疾患におけるビタミンEとB2の配合剤および単味剤の臨床効果の検討』皮膚,31(6)1989 [PDF]

ビタミンEは、そのままではお肌への浸透力が低く、化粧品に配合する場合には「ビタミンE誘導体」という皮膚に吸収されてからビタミンEへと変化する物質が用いられています。

ビタミンEには保湿に加えて、抗炎症作用もあります。そのため、赤ニキビが原因の炎症も鎮めてくれます。

イオウ配合のコスメでニキビ対策をする

ニキビ治療薬として、古くから使われてきたのがイオウです。イオウは、殺菌作用・角質を柔軟にする作用・皮脂分泌を抑制する作用がある成分です。

例えば思春期ニキビでは、皮脂の分泌が活発になりアクネ菌が増加し、炎症を引き起こします。そのため、イオウの持つ抗炎症作用がとても効果的なのです。また、皮脂の分泌を抑制する作用は、そもそも皮脂を餌とするアクネ菌の増殖を未然に食い止めることにもつながります。

そのため、イオウは古くから青春ニキビなど多くのニキビ治療薬として使われてきました。

硫黄は伝統的に皮膚疾患に対する治療にも用いられてきた。その代表的なものには硫黄軟膏が挙げられる。これは硫黄粉末を5〜10%程度、白色ワセリンなどに混合したものであり.疥癬(かいせん)、水虫やニキビなどの皮膚疾患に適応される。作用機序としては、硫黄と皮膚との反応により生成する硫化水素などにより抗菌作用や角質軟化作用が生じると考えられている。

出典:(PDF) 『硫黄と私たちの生活(身近な元素の世界)』化学と教育,62(1),2014 [PDF]

ニキビ肌に効果的な有効成分一覧

夢から分かるあなたの運命!電話占いで聞いてみよう
ヒアルロン酸
ニキビの原因の一つである乾燥を防ぎます。高い保湿効果があり、水分を保持しやすいお肌に。
セラミド 高い保湿効果があり、乾燥から守ってニキビのできにくいお肌にしてくれます。
ビタミンC誘導体 肌の酸化を防ぐ、美白、シミ、シワを防ぐといった力のあるビタミンCをよりお肌になじませやすくした成分です。
イソフラボン ホルモンバランスを整えて皮脂の過剰分泌を防ぎます。女性ホルモンに似た働きがあります。
ビタミンB 皮脂の分泌をコントロールし、ニキビのできやすいお肌に効果があります。
ビタミンE 抗酸化作用があり、お肌の血行促進をサポートします。ビタミンBと併せて取り入れることで、お肌の乾燥に効果を示します。
イオウ 殺菌作用、角質柔軟作用、皮脂を抑制する作用があります。思春期ニキビにお悩みの方に。

セラミドやヒアルロン酸、ビタミンCなどニキビに改善につながるドクターズコスメはいろいろあります。

「ベタつきが少ないものが良いんだけど…」「実際の使用感はどんな感じ?」など購入前に実際に使った方の声をチェックしてみると、自分にあったドクターズコスメ選びに役立てられますよ。

オススメのドクターズコスメの特徴や、配合成分、口コミを一挙にご紹介いたします!

オススメのドクターズコスメの特徴や、配合成分、口コミをチェック

ニキビで悩む人におすすめのドクターズコスメ3選

ここまでご紹介してきた、ニキビ解消におすすめの成分を配合したドクターズコスメを厳選!
ニキビに悩む方にあった基礎化粧品選びをお手伝いいたします。ドクターズコスメは、美容皮膚科など専門家が開発に携わったもの。配合されている成分も、まだまだ一般的なコスメでは使われていない成分がある場合も多いのです。
数あるドクターズコスメの中から特におすすめしたいものをご紹介します。

高濃度のヒアルロン酸を配合したアイテムが揃う「京佳人」

京佳人はんなりクレンジングみるく商品
画像引用元:京佳人・美彩甦公式
http://kyokajin.ocnk.net/product-list/9

京都にある皮膚科「岡田佳子医院」の女性院長が開発から携わっているドクターズコスメ。

美容成分の効果の高さと肌への優しさ、お財布への優しさなどすべてを兼ね備えたコスメラインです。単なるニキビケアに効くだけでなく「ニキビが出るのに頬は乾燥しやすい」といった、トラブル混在肌にも効果を発揮する、実力派コスメ。トライアル商品は250円~低価格でお試ししやすいと評判です。

京佳人公式サイト

価格
  • はんなりあわ洗顔…2,700円
  • はんなりクレンジングみるく…2,592円
  • しっとりローション…4,428円
  • しっとりジェル…4,752円
  • すべすべエッセンスNeo…4,212円
トライアル

230円~800円ととてもリーズナブル。ほとんどのアイテムにお試し品あり。

配合成分 しっとりローションには、高濃度ヒアルロン酸を配合、ニキビができにくいと評判です。また、しっとりジェルにはセラミドのほか、カイネチンも含まれていて、「ニキビができやすいけれど乾燥も気になる」という複雑な肌にも対応OK!
成分表 ※しっとりローションの場合
水、グリセリン、ソルビトール、ヒアルロン酸Na、グリチルリチン酸2K、アラントイン、カルボマー、アルギニン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、エチルパラベン

※すべすべエッセンスNeoの場合
水、DPG、アスコルビル酸Na、エトキシジグリコール、プロパンジオール、ペンチレングリコール、イソステアリルアスコルビン酸2Na、パルミチン酸アスコルビン酸3Na、アスパラギンサンNa、アラニン、アラントイン、アルガニアスピノサカルス培養エキス、アルギニン、イソマルト、イソロイシン、イノシン酸2Na、オウレン根エキス、カンゾウ根エキス、グリシン、 グリチルリチン酸2K、グルタミン酸、スクワラン、セラミドNG、セリン、タウリン、チロシン、トレオニン、バリン、パンテノール、ヒアルロン酸Na、フェニルアラニン、プロリン、リシンHC1、リボフラビン、リンゴ果実培養細胞エキス、レシチン、レチノイン酸トコフェリル、ロイシン、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、クエン酸、ヒスチジンHC1、ヒドロキシプロリン、オクチルドデセス-20、BG、キサンタンガム、グアニル酸2Na、グリセリン、フィトステロールズ、トリ(カプリル酸、カプリン酸)グリセリル、マルチトール、ペンテト酸5Na、ラウリン酸ポリグ リセリル-10、水添レシチン、フェノキシエタノール、安息香酸Na
口コミ
  • しっとりローションの使い心地が好きです。たっぷり潤うのに、肌はサラサラしているから不思議です。
  • 敏感肌の私でも、京佳人シリーズは安心して使っていて、もう3年以上のリピーターです。生理前によくできてしまうニキビも、京佳人のおかげで、あまり出なくなってきました。

京佳人のトライアル商品をチェック

実際に『京佳人』を使ってみました

乾燥肌なのにニキビができて本当に困っていました。そこで京佳人のトライアルセットを試しに購入してみました。クレンジングと泡洗顔は思ったほどつっぱり感がなく、これは違う!と思いました。

ニキビ・肌荒れが悩みのひろみさんがレビューをチェック

『京佳人』を開発した岡田佳子医師

京佳人を開発したのは京都の美容皮膚科『岡田佳子クリニック』の院長岡田佳子医師で、京都では美を作る名医として有名です。

大学病院に勤務中、「ニキビは青春のシンボルだよ」といってあまり治療をしなかった大学病院の在り方に疑問を感じ、ニキビ跡の赤みや凸凹を治す治療法を見出しています。

“すべすべエッセンスNeo”は腐らないリンゴから生まれた美容液で、しわや乾燥知らずの卵肌へ導くと評判です。実際に4ヶ月放置しても腐らないリンゴがスイスにあるそうで、その幹細胞エキスが配合されている化粧品です。腐らないリンゴを見つけ出すあたりに医師のこだわりが感じられます。

【経歴】
  • 1992年より名古屋大学分院皮膚科にて美容外科を学ぶ
  • 1995年に四条新町で皮膚科 岡田佳子クリニックを開院
  • 2007年より四条室町へ移転
【資格・所属学会】
  • 日本皮膚科学会認定専門医

『京佳人』のメディア紹介情報

京佳人はさまざまな雑誌で紹介され、大人気ドクターズコスメとなっています。2003年には『VOCE(ヴォーチェ)』の2月号、『CLASSY.(クラッシィ)』の5月号、『25ans(ヴァンサンカン)』の7月号と次々に京佳人シリーズが紹介されています。

  • 2003年『VOCE(ヴォーチェ)』2月号
  • 2003年 『CLASSY.(クラッシィ)』5月号
  • 2003年『25ans(ヴァンサンカン)』7月号
  • 2007年 『MAQUIA』
  • 2008年 『Richer(リシェ)』

天然セラミドを配合したアイテムが揃う「midorinomori」

midorinomoriニューコンセプトゲルソリューションモイスト商品
画像引用元:midorinomori公式
http://www.midorinomori.jp/

札幌にある美容皮膚科・緑の森皮フ科クリニックから誕生したコスメ。

クリニックのスタッフがモニターとしてすべての試作品を実際に使ってみて、基準をクリアしたアイテムだけが商品化しているのだとか。クレンジングと洗顔後は、オールインワンゲル1つでOKという、手軽さとリーズナブルな価格で人気です。

midorinomori公式サイト

価格
  • ニューコンセプト・クレンジングゲル…3,024円
  • フェアリーソープ…2,484円
  • クリアランスソープ…2,700円
  • ニューコンセプトゲル・ソリューションライト…4,104円
  • ニューコンセプトゲル・ソリューションモイスト…4,104円
トライアル 1回限り540円でトライアルセットをオーダー可能。フェアリーソープまたはクリアランスソープのどちらかひとつと、ニューコンセプトゲル・ソリューションのライトとモイスト、ニューコンセプトUVベースのセットとなっています。
配合成分 「ニューコンセプトゲル・ソリューション ライト」は、即効性ビタミンC誘導体やBHA(サリチル酸)の働きで、しっかりニキビケア。さらに天然セラミドなどの効果で、保湿もしっかり行える。
成分表 ※ニューコンセプトゲル・ソリューションライトの場合
水、BG、1,2-ヘキサンジオール、ソルビトール、グリコシルトレハロース、セレブロシド、加水分解コラーゲン、3-O-エチルアスコルビン酸、サリチル酸シランジオール、α-グルカンオリゴサッカリド、ラフィノース、ハマメリス葉エキス、加水分解水添デンプン、キシリトール、ピリドキシンHC1、ヨーグルト液(牛乳)、ヒメフウロエキス、ボタンエキス、ワイルドタイムエキス、クリサンテルムインジクムエキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、アスタキサンチン、チオクト酸、ユビキノン、ヘマトコッカスプルビアリスエキス、スクワラン、ハトムギ種子エキス、オウゴン根エキス、キハダ樹皮エキス、アルギニン、アラントイン、ナイアシンアミド、グリチルリチン酸2K、PCA-Na、アミノカプロン酸、ポリアクリル酸Na、ダイズステロール、水添レシチン、ジメチコン、カルボマー、トコフェロール
口コミ
  • ニキビだらけだった肌が、ここのゲルを使うようになって、吹き出物がまったくないクリアな肌になりました。
  • ゲルだけど、エアレスポンプ式だから使いやすい。オールインワンタイプのゲルがニキビにおすすめです。

midorinomoriのトライアル商品をチェック

実際に『midorinomori』を使ってみました

なかなか自分に合うコスメは見つけられませんでした。ドクターズコスメで肌に悪い成分は排除しているということでmidorinomoriを使ってみたところ、クレンジングもソープも本当に低刺激です。洗い上りはスッキリしているのに、しっとり感も残っています。

ニキビ・肌荒れが悩みのひろみさんがレビューをチェック

『midorinomori』を開発した森尚隆医師

midorinomoriを開発したのは北海道札幌市にある「緑の森皮フ科クリニック」の院長、森尚隆医師です。北海道大学医学部卒業後、4つの皮膚科医院を開設し、医療法人社団緑生会を設立。理事長にも就任しています。日本皮膚科学会皮膚科専門医・日本レーザー医学会レーザー専門医を持ち、一人ひとりの肌質に合わせたオーダーメイド治療に定評があります。

皮膚科専門医として不必要な成分を一切配合せず、本当に必要な成分のみをたっぷり配合するというこだわりで作り上げています。midorinomoriは診察の現場から生まれたニキビやアトピー性皮膚炎の患者さんも安心して使えるコスメです。

【経歴】
  • 1979年 北海道大学医学部卒業
【資格・所属学会】
  • 日本皮膚科学会皮膚科専門医
  • 日本臨床皮膚科医学会会員
  • 日本美容皮膚科学会会員
  • 日本レーザー医学会レーザー専門医
  • 日本小児皮膚科学会会員
  • 日本香粧品学会会員
  • 日本オゾン療法研究会理事
  • 点滴療法研究会(会員・認定医)
  • 日本アンチエイジング医療協会会員
  • 酸化療法研究会会員
  • 日本抗加齢医学会会員
  • 国際抗老化再生医療学会

『midorinomori』のメディア紹介情報

ニキビ予防に有効なmidorinomoriの製品に関しては、メディアでの紹介はまだありません。

ビタミンC誘導体を配合したアイテムが揃う「ドクターライン」

ドクターズコスメDLベーシックフルラインセット商品
画像引用元:ドクターライン公式
http://www.dr-line.com/shop/r/rdlb/

にきび治療に力を入れている美容皮膚科、オザキクリニック発のドクターズコスメ。

AHA(フルーツ酸)によるピーリングや、ビタミンC誘導体による美白効果、自活型天然酵母による保湿力など、話題の美容成分をいくつか組み合わせて高い効果を発揮するスキンケアに定評があります。注目は、ふきとるように使ってピーリングができる「AHAローションn」です。

ドクターライン公式サイト

価格
  • 薬用リファインソープ…1,620円
  • DLモイスチャーフォーム…3,780円
  • DLホワイト ホワイトニングエッセンス…6,480円
  • DLベーシック C+エッセンスローション…4,320円
  • DLベーシック プレミアムゲル…6,480円
  • DLホワイト BAエッセンス…5,400円
  • DL AHAローションn…2,160円
トライアル

ニキビ向けは洗顔石鹸のみ、トライアルサイズを販売。薬用リファインソープ泡立てネット付きミニサイズ…324円(10g)

配合成分 AHA(フルーツ酸)を配合した石鹸と化粧水で、マイルドな刺激で不要な角質をオフ。豚プラセンタの原液やAPPS配合美容液の力で、保湿しながら皮脂バランスを整える働きがります。
成分表 ※DL AHAローションnの場合
水、グリセリン、グリコール酸、BG、ペンチレングリコール、酢酸ヘキサノイルジペプチド-3ノルロイシン、乳酸、リンゴ酸、レシチン、スーパーオキシドジスムターゼ、アスコルビン酸、PEG・PPG・ポリブチレングリコール-8・5・3グリセリン、ダイズ種子エキス、ナットウガム、アロエベラ葉エキス、オタネニンジン根エキス、マヨラナ葉エキス、ワイルドタイムエキス、ナツメ果実エキス、サトザクラ花エキス、オウゴン根エキス、ポリクオタニウム-10、フェノキシエタノール
口コミ
  • 使い始めて1ヶ月ぐらいで、あご周りのニキビが目立たなくなってきました。
  • ふきとり式の角質ケアローションという言葉に惹かれました。ただ、乾燥が気になるので十分な保湿ケアがマストかも。
  • ニキビがある部分に使うと、たまにピリッとします。でも、肌荒れは起きないので使いやすい。

ドクターラインのトライアル商品をチェック

実際に『ドクターライン』を使ってみました

薬用リファインソープの泡はモコモコしていて気持ちよかったです。肌が突っ張ることなくしっとりツルツルで洗い上りも最高です。C+エッセンスローションは肌への浸透が良く、すうっと入っていく感じです。

ニキビ・肌荒れが悩みのひろみさんがレビューをチェック

『ドクターライン』を開発した小﨑有恒医師

『ドクターライン』を開発監修したのはオザキクリニック理事長・羽村院院長を務める小﨑有恒医師です。小﨑医師は長年エイジングケアをはじめとするさまざまな肌トラブルに向き合ってきましたが、日々“ホームケアの重要性”を実感していたそうです。ホームケアをしている人としていない人では、肌の状態に大きな違いがあると感じ、“30代からの高級基礎化粧品”というコンセプトのもと、『ドクターライン』を誕生させました。

小﨑医師はニキビに関しても、有効成分を配合した化粧品を推奨するだけでなく、体の内側からのケアが必要と考えています。

【略歴】
  • 1983年 帝京大学医学部 卒業
  • 1985年 帝京大学溝口病院 勤務
  • 1992年 西多摩病院院長 就任
  • 1998年12月 小﨑クリニック開院
【資格・認定医】
  • 日本臨床抗老化医学会(メソセラピーセラピー指導医)
  • サーマクール認定医

『ドクターライン』のメディア紹介情報

【薬用リファインソープ】
  • 『VoCEベストコスメ』
【ラフォーミュラクリーム】
  • 『MAQUIQ』
  • 『GLITTER』
  • 『GINGER』
【リファインソープモイスチャー】
  • 『きれいの魔法』
  • 『VoCE』
  • 『FRau』
  • 『Sweet Myベストヘア』

ニキビができる原因や理由は様々

ニキビや吹き出物ができてしまう原因は、年齢やできる場所によって少し異なります。

顎やフェイスラインにニキビができる理由とは?

30代以降の方が出やすい顎周りやフェイスラインのニキビは、ストレスや睡眠不足など生活習慣の悪化、ホルモンバランスの乱れが原因と考えられます。ストレスを感じた時に分泌されやすい抗ストレスホルモンは、皮脂腺を刺激して皮脂が過剰に分泌されるため、ニキビができてしまうのです。

実際、成人ニキビに対しては、心身医学的なアプローチによる治療でニキビが緩和される例もあります。ヒトは、ストレスを感じると体内のグルココルチコイドや皮脂腺の発達や皮脂の合成を促すホルモン・アンドロジェンという成分が上昇。その結果ニキビができやすい状態になってしまいます。また、ストレス行動として肌を掻くなどの行為がニキビを悪化させるケースもあります。

参考:教育セミナー: ニキビ,赤ら顔に迫る~脂腺を取り巻く最新科学~ ニキビと心身医学

おでこや眉間にニキビができる理由とは?

思春期にニキビが出やすいのはおでこや眉間、こめかみ、眉毛のあたり。基本的には皮脂の過剰分泌が原因なのですが、そこへ加えて髪の毛の刺激や整髪料などが付着したり、外的要因も関係しています。お肌が荒れている状態のおでこや眉間に前髪がかかっていると、髪の毛についている汚れが毛穴詰りの原因となり、ニキビを作ってしまいます。

特に10代になると、皮脂の合成と視線の発達と促進させるアンドロゲンというホルモンが増加します。それに伴い、皮脂の分泌量も増加し、ニキビができやすい環境になってしまうのです。思春期の体の変化に伴う皮脂分泌量の変化は避けられないことですが、外的刺激をできるだけ防ぎ、肌の状態にあった基礎化粧品を使うなど日常生活でニキビ予防につなげられることもたくさんあります。

皮脂分泌はホルモンにより影響されるが,とくにアンドロゲンは脂腺の発達と皮脂の合成を促進する1)。〜中略〜アンドロゲンは10歳未満では男女ともに非常に低値で,男性は10歳代で著明に増加し,20~30 歳代でピークとなり40歳代まで高い値を維持するが,女性では男性に比して早期に減衰する。年齢による額の皮脂分泌量の変化も同様である。アンドロゲンの加齢変化と比較すると,女性では早期の副腎アンドロゲン増加で男性より早く分泌量が増加するが,男性では思春期に副腎アンドロゲンに加え,性腺テストステロンの著明な上昇により女性を大きく上回り,しかも,男性は40歳代以降もテストステロンの減少が緩やかであるた め,女性よりも皮脂分泌量の減衰の程度が低い。

出典: 『教育セミナー: ニキビ,赤ら顔に迫る~脂腺を取り巻く最新科学~ 脂腺の構造と機能』日本香粧品学会誌,40(2),2016[PDF]

鼻の下にニキビができる理由とは?

鼻の下にできるニキビは、原因が様々。例えば、花粉症や鼻炎で鼻をかむことが多い方は、鼻の下に摩擦による刺激が与えられ、乾燥しやすくなります。 皮膚は乾燥すると皮脂を分泌し、皮膚表面を守ろうという防御作用が働きます。そのため、皮脂が多く分泌され、毛穴に皮脂よごれが詰まりやすくなってしまうのです。

他にもホルモンバランスの乱れや、加齢に伴う毛穴の開きも鼻の下のニキビを引き起こす原因に。鼻の下は特に皮脂線が多く分泌されていますので、日頃から保湿をし、過剰な皮脂分泌を抑えるように心がけましょう。

また、顔の中でも鼻の下は目立つ部分ということもあり、コンシーラーやファンデーションで日中カバーする方も多いかもしれません。ニキビを治すためには、できるだけ休日などメイクをしなくてもいい日は鼻の下へのメイクを避け、正しいスキンケアを心がけましょう。

デコルテにニキビができる理由とは?

首から胸元にかけてのデコルテラインにできるニキビは、夏など肌を見せるファッションが多い季節にはちょっぴり悩みの種という方もいらっしゃるかもしれません。

デコルテラインの中でも胸元にできるニキビは、衣服や下着着用中に生じた蒸れにより雑菌が繁殖しやすい環境になってしまうことが原因の一つ。 汗をかく季節にデコルテのニキビができやすい方、通気性の悪い服を着る機会が多い方、補正下着を日常的に着用している方は、蒸れを解消するために、締め付けのある下着や通気性の悪い服はできるだけ避け、通気性のいい服を選ぶようにしましょう。

加えて、デコルテラインは顔のスキンケアと比べておろそかにしがちな場所です。ニキビのある方は、ない方と比べて皮膚のセラミド量の減少や、皮膚の保水録などが下がる傾向にあると言われています。ぜひ、日々のスキンケアの中でデコルテの保湿にも取り組んでみましょう。

痤瘡患者では,健常人と比較してセラミド量の減少や経表皮水分蒸散量の増加,保水量の減少が見られる41)。このことから皮膚のバリア障害によって毛漏斗の角化異常を介して面皰が形成されるという説がある

出典:(PDF)『ニキビの発症メカニズム,治療,予防』日本香粧品学会誌,40(1)2016 [PDF]

背中にニキビができる理由とは?

背中は眉間などと同じように脂質の分泌量が比較的多い場所です。脂質の分泌が多い場所には、ブドウ球菌やプロピオバクテリウム(アクネ菌)が発生しやすく、ニキビが悪化しやすい環境になっています。

眉間や背中などの脂質分泌部位,鼻孔などの湿潤部位,掌などの乾燥部位に分けて,それぞれの部位に特徴的なマイクロバイオームの解析を行ったところ,脂質分泌部位では Propionibacteria 種と Staphylococci 種が優勢であり,湿潤部位では Corynebacteria 種が優勢で,Staphylococci種も見られた。乾燥部位では多様な分布が見られたが,β-Proteobacteria と Flavobacteriales が広く観察されている。

出典:教育セミナー: ニキビ,赤ら顔に迫る~脂腺を取り巻く最新科学~マイクロバームとニキビ

加えて、シャンプーやリンスなど洗髪料を洗い流す際に、体の後ろ(背中)はよく見えないため、流しの腰が生じ、背中のニキビの原因になってしまう場合もあります。

ニキビが気になり、ゴシゴシタオルでこすると、皮膚に変えって刺激が与えられ、肌荒れ、ニキビ悪化の原因に。よく背中を洗浄することも大切ですが、ゴシゴシ洗いは避けましょう。

せっかく顔が綺麗なのに背中にニキビがあると、背中の開いた服や水着も自信を持って着られなくなってしまいます。強い刺激と感想を避け、背中もしっかりと保湿ケアしてあげましょう。

首回り(うなじ周辺)にニキビができる理由とは?

顎やフェイスラインから首にかけてできる首回りのニキビは、いわゆる思春期ニキビと異なり、大人になってから悩む方も多いニキビです。

首ニキビも他のニキビと同じように、皮脂の分泌量が多く毛穴が詰まってしまうことによる菌の増殖が原因に。皮脂が過剰分泌される原因はいろいろありますが、成人の方の場合、ストレスや不規則な生活週間、ホルモンバランスの乱れなどが考えられます[1]。

加えて、首回りやドライヤーの熱風による刺激・乾燥や、紫外線などによるダメージを受けやすい場所。特にうなじ周辺は、知らずしらずのうちに紫外線にさらされ皮膚にダメージを受けているのです。

さらに、背中ニキビと同じように、首まわりはシャンプーなどの洗い残しが生じやすい場所です。お風呂に入る際には、しっかりとシャンプーなどを首や背中から洗い流すように気をつけましょう。

また、お風呂あがりには首回りもしっかり保湿を。日中はうなじ周辺も日焼け止めやショールなどで紫外線対策をしてみましょう。

参考[1]:教育セミナー: ニキビ,赤ら顔に迫る~脂腺を取り巻く最新科学~ ニキビと心身医学

肌荒れの原因

くすみ

くすみの原因は血行不良であることが多いです。疲れ、ストレス、運動不足、睡眠不足、冷えなどから血胸不良を引き起こします。ターンオーバーが遅れ、メラニン色素が排出されにくくなっている可能性もあります。

また、乾燥することでお肌の透明感が失われ、くすんで見えるというケースも。

カサつき

カサつきの原因は乾燥ですが、生まれ持っての肌質だけでなく生活習慣も大きく関係しています。ストレス、睡眠不足、紫外線、エアコン、ターンオーバーの乱れ、外的刺激などが原因で乾燥を引き起こしている可能性もあります。

毛穴の開き

毛穴が開いてしまう原因は主に4種類考えられます。毛穴に角栓が詰まっているタイプ、角栓が酸化して黒ずんで見えるタイプ、さらに乾燥や皮脂によって毛穴が赤くなっているタイプ、たるみによって毛穴が開いているタイプがあります。

皮膚科医が監修・開発ドクターズコスメ厳選集